浮気慰謝料相談室

子供から浮気相手への慰謝料請求


浮気慰謝料相談室
PCサイトはこちら

子供から浮気相手への慰謝料請求

子供から浮気相手への慰謝料請求の可否
・子供が親の浮気を知ってしまい、ノイローゼになってしまった。
・子供がショックで自殺未遂をした。
一般には、夫婦間には「貞操義務」があり、侵害された場合には、不法行為として慰謝料請求することが出来ます。
しかし、判例では、原則として、子供からの慰謝料請求を否定しています。
ただ、「原則として」です。
判決を良く読んでみると、場合によっては請求出来得る可能性もあることがわかります。
あえて抜粋を掲げておきましたので、是非、読んでみて下さい。


参考判例
最高裁判所 昭和54年3月30日判決より抜粋
「妻及び未成年の子のある男性と肉体関係を持った女性が妻子のもとを去った男性と同棲するに至った結果、その子が日常生活において父親から愛情を注がれ、その監護、教育を受けることができなくなったとしても、その女性が害意をもつて父親の子に対する監護等を積極的に阻止するなど特段の事情のない限り、右女性の行為は未成年の子に対して不法行為を構成するものではないと解するのが相当である。父親がその未成年の子に対し愛情を注ぎ、監護、教育を行うことは、他の女性と同棲するかどうかにかかわりなく、父親自らの意思によつて行うことができるのであるから、他の女性との同棲の結果、未成年の子が事実上父親の愛情、監護、教育を受けることができず、そのため不利益を被つたとしても、そのことと右女性の行為との間には相当因果関係がないものといわなければならないからである。」


上記を簡潔にまとめると、
浮気相手がことさら、子供と会うことを積極的に妨害するなどの行為をして、子供が親からの監護や教育などの愛情を受けられない状況にした場合には、子供に対して直接の不法行為責任を負う可能性がある、ということです。




今すぐメール無料相談
今すぐ電話無料相談


基礎知識

不貞行為とは?
浮気の慰謝料とは?
浮気の慰謝料請求の要件
浮気の慰謝料の相場
浮気の慰謝料-主要な判例
浮気の慰謝料請求の方法
浮気の証拠の収集方法
浮気相手の親への慰謝料請求の可否
子供からの慰謝料請求の可否
ダブル浮気の場合
社内浮気の場合
ご近所さんとの浮気の場合
浮気で妊娠した場合


メニュー

ご依頼方法
お客様の声
報酬・料金
特定商取引法の表示
事務所概要


付録

浮気チェック


運営者

〒101−0033
東京都千代田区神田岩本町1番1
岩本町ビル3階
行政書士事務所
 飯田橋総合法務オフィス 内
不倫慰謝料請求相談室
代表者:行政書士 小竹 広光
<東京都行政書士会 所属>
info@hurin-isharyou.com
03-5244-4707


おすすめ携帯サイト

飯田橋総合法務オフィス
内容証明相談室
内容証明サポート

浮気慰謝料相談室TOP