浮気慰謝料相談室

慰謝料請求に必要な要件


浮気慰謝料相談室
PCサイトはこちら

慰謝料請求するために必要な7つの要件


不貞行為の相手が、既婚者であることを知っていた、または知りうることが出来たこと
独身であるとの嘘に騙されて関係を持った場合には不法行為責任は問えない可能性があります。
複数回にわたる肉体関係(性的関係)があったこと
キスや映画、プラトニックな関係の場合には責任を追及することは出来ません。
不貞行為が、夫または妻の脅迫や暴力によるものではないこと
何らかの脅しやレイプなどによる場合には、相手に責任を求められません。
もっとも、不貞行為をした夫または妻に対しての請求は可能です。
夫婦関係が破綻していなかったこと
不貞行為の始まった時点で、すでに夫婦関係が破綻していた場合には、不貞行為とは呼べません。
請求時、時効にかかっていないこと
不法行為の消滅時効は、知ったときから3年、および行為の時から20年、です。
請求権を放棄していないこと
調停や離婚協議書、その他において、夫(妻)から相当額を受領している場合、または書面において放棄している場合、には請求が出来ないケースがあります。
証拠があること
証拠の有無は請求出来るか出来ないかとは関係ありません。
ただし、裁判になった場合には、証拠がないと請求が認められないと思った方がいいです。

以上が、慰謝料請求をするために必要な7つの要件です。



今すぐメール無料相談
今すぐ電話無料相談


基礎知識

不貞行為とは?
浮気の慰謝料とは?
浮気の慰謝料請求の要件
浮気の慰謝料の相場
浮気の慰謝料-主要な判例
浮気の慰謝料請求の方法
浮気の証拠の収集方法
浮気相手の親への慰謝料請求の可否
子供からの慰謝料請求の可否
ダブル浮気の場合
社内浮気の場合
ご近所さんとの浮気の場合
浮気で妊娠した場合


メニュー

ご依頼方法
お客様の声
報酬・料金
特定商取引法の表示
事務所概要


付録

浮気チェック


運営者

〒101−0033
東京都千代田区神田岩本町1番1
岩本町ビル3階
行政書士事務所
 飯田橋総合法務オフィス 内
不倫慰謝料請求相談室
代表者:行政書士 小竹 広光
<東京都行政書士会 所属>
info@hurin-isharyou.com
03-5244-4707


おすすめ携帯サイト

飯田橋総合法務オフィス
内容証明相談室
内容証明サポート

浮気慰謝料相談室TOP